天乃屋のこだわり

商品情報 商品情報
  • HOME
  • 天乃屋のこだわり

ずっとずっと、これからも愛されるために
変わらぬ「おいしさ」に「ありがとう」の気持ちを込めて
一生懸命、作り続けます。

商品へのこだわり

原材料・経験と技術・安全・安心

原材料は常に厳選

原材料は常に厳選
お客さまへ高品質の商品をお届けするため、そして当社ならではの美味しさを追求するために、原材料は常に厳選されたものを使用しています。信頼ある仕入れメーカーや卸問屋に対しても随時、詳細な規格を確認した後に仕入れ、また規格外品や法律の未認可物質が混入することのないよう、常に細心の注意を払っています。
さらに、いつ入荷した原材料が、いつどの工程で加工されたかをすべて記録に残すトレーサビリティ・システムを実施し、消費者の皆様のご要望にすぐに対処できる体制を構築しています。

永年の経験と確かな技術

米菓は米でん粉の性質を利用して膨らますため、米質はもちろん製粉の仕方、蒸かし方や乾燥の仕方によって全く違う生地になります。
焼き方や揚げ方も含め、永年の経験に基づいた技術を高いレベルでマニュアル化することにより、常に安定した商品を供給できる体制を整えています。
永年の経験と確かな技術

安全・安心のために

安全・安心のために
食品とは文字通り人の食べ物であり、小さなお子さまからお年寄りの方までが口にするものです。常に安全に留意した管理体制のもと、安心して召し上がっていただける商品を提供することは、私たち食品メーカーに課された社会的義務であると考えます。
当社では、異物の混入防止対策や不良品の発生防止、適切な表示の実施など、安全のためのさまざまな対応策を取り入れています。さらに私たち従業員一人一人がこの意識を強く持ちながら、常に安全・安心な商品づくりを心がけています。

東京工場・本社では国際的な食品安全マネジメント規格「FSSC22000」の認証を取得しています。

【FSSC22000】認証取得
  • ・登録事業所 :東京工場・本社
  • ・登録日:2017年12月22日
  • ・登録活動範囲:揚げ煎餅の設計・開発、揚げと味付け、及び包装
FSSC

歌舞伎揚の由来

天乃屋の歌舞伎揚
歌舞伎といえば日本の伝統的な古典演劇であり、その昔日本で『芝居』といえば『歌舞伎』のことでした。17世紀の初め頃から、歌舞伎踊りが町民層の人気を集めて発達し、次第に演劇的な完成度を高めていきました。
そして、せんべいは我々の食生活に潤いをそえている幾多の菓子類の中でも日本独特の菓子であり、古くから皆様に親しまれてきました。
そこで弊社では、この両方の伝統文化を伝えようと、せんべいの包装袋に歌舞伎で使用されております定式幕[緞帳](萌葱・柿・黒の三色で構成されている一番代表的な幕)の模様を取入れ、せんべいの一枚一枚にも歌舞伎の家紋をデザインしたものを刻印(画像1)し『歌舞伎揚』と命名致しました。現在の歌舞伎揚は、皆様の嗜好の変化に合わせて、ソフトに仕上げるようになり、特徴である家紋のデザインがはっきりと見えにくく(画像2)なっておりますが、以前は堅めに仕上げていたため、家紋のデザインがはっきりとみえておりました。
  • 画像1

    四角い生地には四角の家紋が入っています

  • 画像2