沿革

昭和26年(1951) 8月 東京都新宿区において齊藤龍雄が甘納豆の卸を始める
昭和28年(1953) 7月 東京都世田谷区に本社工場をおき、甘納豆の製造卸有限会社天乃屋を設立する
昭和29年(1954) 9月 揚せんべいの製造を始める
昭和35年(1960) 9月 『歌舞伎揚』を開発する
昭和44年(1969)11月 東京都武蔵村山市に東京工場・営業所を設立し、社名を株式会社天乃屋に変更する
平袋型(トレー入)大江戸歌舞伎揚の販売を始める
昭和46年(1971) 6月 『歌舞伎』の登録商標(第445331号)を取得
昭和47年(1972) 1月 『歌舞伎』の意匠登録(第344657号)を取得
昭和47年(1972) 10月 岩手県水沢市(現奥州市水沢区)に岩手工場・営業所を設立する
昭和49年(1974)12月 焼せんべいの製造を始める
昭和51年(1976)11月 福島県矢吹町に福島工場・営業所を設立する
昭和52年(1977) 1月 揚もちの製造を始める
昭和52年(1977) 8月 大阪営業所を開設する
昭和53年(1978) 9月 東京工場に配送センター・事務管理センターが完成
昭和57年(1982) 9月 札幌営業所を開設する
昭和59年(1984)11月 会長に齊藤龍雄、代表取締役社長に齊藤孝喜が就任
昭和61年(1986)10月 小ロット生産可能型の東京新工場が完成
平成3年(1991) 7月 岩手工場・営業所を岩手県前沢町(現奥州市前沢区)に新築移転
平成8年(1996) 9月 本社を東京都武蔵村山市に移転
平成15年(2003) 12月 工場直売店・東京工場新倉庫完成
平成25年(2013) 9月 代表取締役社長に大砂信行、会長に齊藤富士男が就任
平成26年(2014) 1月 岩手生地工場を岩手工場(奥州市前沢区)に新築移転
平成29年(2017) 12月 東京工場・本社にて「FSSC22000」の認証取得

企業概要TOPへ戻る